『徒然草』が変わる!角川ソフィア文庫から、63年ぶりに「新版」を刊行。(産経ニュース・株式会社KADOKAWA)

【『徒然草』が変わる!角川ソフィア文庫から、63年ぶりに「新版」を刊行。
このたび、株式会社KADOKAWAより、角川ソフィア文庫の新刊として、『新版 徒然草 現代語訳付き』(小川剛生・訳注)を刊行します。角川ソフィア文庫では、今泉忠義・訳注の『改訂 徒然草』(昭和27年初版、昭和32年改訂初版)から63年ぶりの「新版」の登場です。これからの古典の規準となる新しい、『徒然草』にご注目ください。
本書の訳注者は、最年少の若さ(35歳)で角川源義賞を受賞した小川剛生氏。今回の『新版 徒然草 現代語訳付き』の訳注にあたっては、底本と校合本を徹底的に精査した本文を作成、注釈は発表されている「徒然草」関連の論考、約2700本にすべて目を通した上で適切な注をほどこしています。その結果、従来の本文と違う箇所、従来の解釈とは違う箇所が明らかになりました。(下記に一部をご紹介)】
つづきはこちらから。産経ニュース・株式会社KADOKAWA。
http://www.sankei.com/economy/news/150326/prl1503260064-n1.html