« 2015年度 日本現代詩歌文学館常設展「いまを生きる詩歌」(2015年3月17日(火)~16年3月13日(日)) | メイン | 福井市橘曙覧記念文学館 企画展「さくら・桜・サクラ~文学館でお花見気分~」(平成27年3月21日(土)~5月10日(日)) »

2015年3月23日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●茨城県天心記念五浦美術館 企画展「歌麿とその時代―黄金期の浮世絵」(平成27年4月8日(水)~5月31日(日))

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

展示情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.tenshin.museum.ibk.ed.jp/02_tenrankai/01_kikaku_next.html
--------------------

平成27年4月8日(水)~5月31日(日)
企画展「歌麿とその時代―黄金期の浮世絵」

上半身をクローズアップして描く「美人大首絵」を確立した喜多川歌麿は、女性の仕草や表情を繊細に描写するだけでなく、におい立つような色香や内面までも見事に表現して美人画の第一人者と謳われました。また、同時期に美人画と並んで人気を博した役者絵では、写実的な似顔絵を得意とした勝川春章や歌川豊国、役者の一瞬の表情を大胆に表現した東洲斎写楽らが活躍し、浮世絵は最盛期をむかえました。
本展では、中右コレクションより寛政期から文政期(18世紀末から19世紀前半)を中心に、肉筆画を含む135 点を展示し、江戸町人文化の賑わいとともに花開いた黄金期の浮世絵の魅力を紹介します。また、日本きもの文化美術館の協力により、浮世絵にも登場する花魁(おいらん)道中着やかんざし等も特別展示します。

日程等

会期 平成27年4月8日(水)~5月31日(日)
開館時間 午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
休館日 月曜日(ただし5月4日(月・祝)は開館、5月7日(木)は休館)
主催 茨城県天心記念五浦美術館
監修 中右瑛 なかうえい (国際浮世絵学会 常任理事)
企画協力 E.M.Iネットワーク
後援 茨城新聞社、朝日新聞水戸総局、毎日新聞水戸支局、 読売新聞水戸支局、産経新聞水戸支局、東京新聞水戸支局、NHK水戸放送局、北茨城市
入館料 入館料 一般620(510)円/高大生410(310)円/小中生210(150)円
※( )内は20名以上の団体料金
※満70歳以上の方及び身体障害者手帳、療育手帳等をご持参の方は無料
※土曜日は高校生以下無料


●グーグル提供広告