« 森鴎外記念館 鴎外講座 基礎編1『サフラン』―津和野の城下― 講師:倉本幸弘氏(2015年5月16日(土)※要申込【締切:5月1日(金)】) | メイン | 塙保己一史料館 塙保己一検校生誕第269年記念大会 講演「江戸時代の村と庶民」吉田優氏・「渋谷区立松濤美術館の歴史と展覧会」味岡義人氏(平成27年5月5日(こどもの日)) »

2015年3月23日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●田山花袋記念文学館 特別展「花袋と群馬ゆかりの歌人たち」(平成27年3月21日(土)~5月24日(日))

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

展示情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.city.tatebayashi.gunma.jp/bunka/06_kine/06_kine.html
--------------------

<展示情報>
■平成27年3月21日(土)から平成27年5月24日(日)まで
特別展「花袋と群馬ゆかりの歌人たち」

■展示内容
 花袋は作家として活躍する一方、生涯で延べ4800首もの短歌を詠み、『花袋歌集』上梓するなど、短歌の世界でも活躍しました。
 花袋の歌の師・松浦辰男(萩坪)は江戸時代からの和歌を継承する「桂園派」の歌人でした。彼の歌論は、花袋の文学性に大きな影響を与え、のちの自然主義文学の確立へとつながっていきます。
 一方、群馬県内に目を向けると本県出身の土屋文明や吉野秀雄など、明治から昭和の歌壇で活躍した歌人がおり、また、花袋と同時代に活躍した与謝野晶子・鉄幹夫妻や若山牧水は、群馬を旅し、自然や風土を歌に著しています。
 本特別展は、群馬県立土屋文明記念文学館のご協力を得て、群馬ゆかりの歌人の資料を展示し、歌人としての業績から花袋を見直すとともに、群馬ゆかりの歌人や短歌、近代文学について理解を深めていただこうとするものです。

■開催期間:平成27年3月21日(土)~平成27年5月24日(日)
      9時00分~17時00分(入館4時30分まで)

■休 館 日:月曜日(5月4日は開館)、5月7日(木)
      
■入 館 料:一般:個人210円(中学生以下無料)
      団体:100円(20名様以上)
※入館無料日:毎月第一日曜日(群馬県「家庭の日」)
      5月13日(水)花袋忌
      5月23日(土)24日(日)ふるさとづくり市民フェスティバル

■展示解説会:4月5日(日)、5月3日(日)13日(水)23日(土)24日(日)
       午後2時00分~午後2時30分(予定)         


●グーグル提供広告