浜松文芸館 特別収蔵展「浜松の俳人たち」(2015年4月1日(水)~7月19日(日))

展示情報です。
●公式サイトはこちら
http://www.hcf.or.jp/hall/detail.php?id=15500
——————–
浜松文芸館 特別収蔵展
「浜松の俳人たち」
開催日 2015/4/1(水) ~ 2015/7/19(日)
時 間 開館 9:00~閉館 17:00 
会 場 浜松文芸館 展示室
入場料
入場無料
主催 浜松市、(公財)浜松市文化振興財団
問い合わせ 浜松文芸館
〒430-0916 浜松市中区早馬町2番地の1
電話・FAX:053-453-3933
内容
浜松文芸館の収蔵対象者の資料『浜松文芸十人の先駆者』の中で、俳人として紹介されている五人、「松島十湖」(偉大なる土の俳人)・「加藤雪膓」(浜松歌壇俳壇の指導者)・「原田濱人」(物心一如の浜松の至宝)・「相生垣瓜人」(仙境溢れる蛇笏賞俳人)・「百合山羽公」(詩情豊かな蛇笏賞俳人)の書、短冊、書籍等を中心に展示します。彼らの業績は、現在も引き継がれ、通巻900号を越えた『みづうみ』をはじめ、『海坂』、『椎』、自由律俳句の『層雲』など、数多くの俳誌が浜松で発刊され、多くの人たちが俳句を楽しみ、学び続けています。
 俳句界の先駆者たちの業績の一端を収蔵品の展示を通して紹介し、広く市民の皆様に「浜松と俳句」の関わりを知っていただきたいと思います。