中央大学文学部・春を告げる浮世絵「小千谷の雛祭りと絵紙」展(2015年3月24日(火)~4月10日(金)、公開は月~金曜のみ。多摩キャンパス 3号館3階 3308号室。)

展示会情報です。
●公式サイトはこちら
http://www.chuo-u.ac.jp/academics/faculties/letters/major/jpn_lit/news/2015/03/29622/
——————–
【国内有数の豪雪地域であり、美しい織物の産地として有名な小千谷から、春の花の咲き始めた八王子は中央大学へ…
江戸時代から代々大切に受け継がれてきた、おひな様ご一行がやってきます。
文学部教授 鈴木 俊幸が、この地で長く研究調査を行っているご縁で、貴重な雛飾りと絵紙(浮世絵)の展示が実現する運びとなりました。多くの皆さまのご来場をお待ちしています。】
◆ 展示期間:2015年3月24日(火)~4月10日(金)
    ※ 公開は月~金曜のみ。土曜・日曜はご覧になれません。
◆ 展示時間:12:00~15:00
◆ 会場:多摩キャンパス 3号館3階 3308号室
◆ 入場無料・事前申込不要。一般の方もご覧になれます。
【企画】 中央大学文学部長 都筑 学
【特別協賛】 中央大学生活協同組合