異類の会・戦時下の〈異類〉たち ー荷風が記録した投書、落書からー(第51回例会)(2015年3月18日(水)、大東文化会館 K403室)

研究会情報です。
●公式サイトはこちら
http://bit.ly/1EKLm5Q
——————–
日時:2015年3月18日(水)14時~
会場:大東文化会館 K403室
(東武東上線「東武練馬」駅より徒歩5分)
http://www.daito.ac.jp/file/block_41815_01.pdf
発表者:今井秀和氏
題目:「戦時下の〈異類〉たち ー荷風が記録した投書、落書からー」
【要旨:
永井荷風の日記『断腸亭日乗』の太平洋戦争時の部分には、他者による投書や落書がたびたび引用されている。その中には、近世の俳文や黄表紙を模して動物などの〈異類〉を活躍させたものや、近世の落書を模した上で、政治批判を〈妖怪〉の姿に託したものなどもある。本発表では、戦時下において、こうしたある種の江戸趣味に基づく作品がいかなる意味を持ち合わせて創作・受容されていたのか、少しばかりの考察を試みたい。】