« 日本出版学会 出版経営研究部会「フューチャーブックストアフォーラムから見えた出版産業の課題を検証する」(2015年3月25日(水)、八木書店(東京都千代田区)※要申込) | メイン | 東京堂書店●『批評メディア論』(岩波書店)刊行記念 大澤聡さん×山本貴光さん対談「言葉が紡いだニッポンの批評空間――装置としての神保町を再考する」(2015年3月27日(金)19時~、要予約) »

2015年3月13日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●南方熊楠顕彰館 第18回特別企画展「南方熊楠と真言密教」田辺市合併10周年・高野山開創1200年記念(平成27年3月21日(土)~5月6日(水))

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

展示情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.minakata.org/cnts/news/index.cgi?c=i150321
--------------------

第18回特別企画展「南方熊楠と真言密教」
田辺市合併10周年・高野山開創1200年記念

南方家は真言宗延命院の檀家である。熊楠は生涯に4回高野山に登っており真言宗高野派管長などを歴任した土宜法龍・水原堯栄とは親しい関係にあった。またその墓は田辺の真言宗高山寺にある。熊楠の真言密教との縁は深い。今回は、「真言密教」をテーマに、南方熊楠と真言密教並びに高野山との関わりについてご紹介いたします。

■企画展
会期:平成27年3月21日(土)~5月6日(水)
時間:10時~16時30分(最終入館)

■内容
①真言密教とはなにか
②近代日本密教と土宜法龍
③熊楠の密教理解
④南方マンダラはどう読まれてきたか
⑤熊楠と水原堯栄
⑥藤岡長和邸の熊楠肖像ハガキ
■展示資料(予定)
◇南方熊楠自筆資料(土宜法龍宛書簡「南方マンダラ」、藤岡長和宛ハガキ〔NPOうちのの館「藤岡家住宅」所蔵〕など)
◇高野山八景・高野山古地図〔高野山大学図書館所蔵〕
◇土宜法龍関連資料(トランク・自筆日記〔栂尾山高山寺所蔵〕、蔵書〔種智院大学所蔵〕)
・・・など


●グーグル提供広告