国立大を段階評価、予算配分に反映 16年度から文科省(日本経済新聞)

【国立大学への予算配分を議論している文部科学省の有識者会議は26日、各大学の取り組みを3~5段階で評価し、翌年度の予算配分に反映させる改革案をまとめた。国立大を3グループに分類し、学生の就職率や教授の論文数、外国人留学生の受け入れ実績などグループごとに設ける指標で評価する。大学間の競争を促す狙いで、同省は2016年度から導入する。】
つづきはこちらから。日本経済新聞。
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG26HAM_W5A320C1CR8000/