東洋大学日本文学文化学会『日本文学文化』第14号

東洋大学日本文学文化学会さまよりいただきました。
toyo14.jpg
A5判・並製・60頁
平成27年2月20日 発行
【目次】
巻頭言/谷地快一
講演
「歴史の窓から見通した高橋虫麻呂の軌跡」/大久保廣行
研究論文
『安法法師集』69番歌における「醍醐の座主」について/吉田正幸
湯浅克衛と「金、太郎」/長瀬由紀峰
 –「棗」「心田開発」における風景と混血の表象–
研究フロンティア
阪本龍門文庫蔵『清少納言枕草紙』にみえる江戸前期/山中悠希
『枕草子』享受の一様相
震災・資源・文化–瓦礫からの民俗研究の構想–/小池淳一
ドイツ統一・EU統合とグローバリズム/木戸裕
 –教育の視点からみたその跡と課題–