宮澤隆義著 『坂口安吾の未来 ――危機の時代と文学』(新曜社)

宮澤隆義氏よりいただきました。
7885-1420-1.jpg
●公式サイトはこちら
http://www.shin-yo-sha.co.jp/mokuroku/books/978-4-7885-1420-1.htm
宮澤隆義 著
坂口安吾の未来
――危機の時代と文学
四六判上製288頁
定価:本体3200+税
発売日 15.2.20
ISBN 978-4-7885-1420-1
◆今またブームの予感!
 戦後、坂口安吾が広く読まれた時期が三回あります。1940年代、60年代、90年代で、戦後の混乱期、学生運動の最盛期、冷戦終結後の国際体制の変動期に当たります。そして今また未曾有の危機に直面し、ブームの予感があります。危機的状況で繰り返し甦り、読み直される安吾の魅力とは? 本書は、よく知られた「日本文化私観」「堕落論」や「桜の森の満開の下」だけでなく、「通俗的」とされる「ジロリの女」「不連続殺人事件」、さらには「土の中からの話」などの小品までを取り上げて、そこに通底する安吾の文学の核心に、通説に囚われることなく大胆に迫ります。気鋭の意欲作です。
坂口安吾の未来 目次
序章 危機の時代と文学
第一章 ファルスの詩学──坂口安吾と「観念」の問題
第二章 ファルスは証言する──「風博士」論
第三章 坂口安吾と「新らしい人間」論
第四章 「バラック」と共同性──「日本文化私観」論
第五章 情報戦と「真珠」
第六章 空襲と民主主義──「白痴」論
第七章 「思考の地盤」を掘ること──「土の中からの話」
第八章 暴力と言葉──「ジロリの女」をめぐって
第九章 法と構想力──「桜の森の満開の下」論
第十章 「トリック」の存在論──「不連続殺人事件」とその周辺
終章 来たるべき文学

後書き
初出一覧
索引