« 大阪大学21世紀懐徳堂 特任研究員募集(応募締め切り:2015/02/23) | メイン | 中国語話者のための日本語教育研究会 第32回研究会・研修会(2015年3月7日(土)、名古屋大学(東山キャンパス)) »

2015年2月 9日

 記事のカテゴリー : ホームページ紹介

●「大学は役に立つのか」マジレスしてみます 個別分野編(日本文学研究)その1(日比嘉高研究室)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

【日本文学研究って役に立っているのか

「大学は役に立つのか」にマジレスしてみます企画の個別分野編です。総論編はこちらをご覧下さい。

説明するのは、私自身が研究している「日本文学研究」という分野です。なかでも、私は近現代文学という明治時代以降の文学を研究しております。文学研究・・・聞くからに「役に立」ちそうにないですか?(笑) 新素材開発も人助けもできませんものね。

しかし、角度を変えると、文学研究が寄与していることはいろいろあります。説明に多少でも納得していただけるのを祈りつつ。目次=ポイントは以下のとおりです。】

つづきはこちらから。日比嘉高研究室。
http://d.hatena.ne.jp/hibi2007/20150209/1423452794


●グーグル提供広告