« ワークショップ「文学と歴史叙述研究会」・シンポジウム:朝鮮史文献の出版をめぐる政治的含意(2015年3月18日(水)、青山学院大学 総研ビル8階第10会議室) | メイン | 寺社縁起研究会・関東支部第115回例会(2015年2月16日(月)、近畿大学東京センター 大会議室) »

2015年2月 3日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●日本語の歴史的典籍の国際共同研究ネットワーク構築計画・日韓国際シンポジウム「太閤記をめぐる諸問題」(2015年3月14日(土)、実践女子大学(東京都渋谷区))

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

研究会情報です。


--------------------

日本語の歴史的典籍の国際共同研究ネットワーク構築計画
   日韓国際シンポジウム「太閤記をめぐる諸問題」
    主催 実践女子大学文芸資料研究所
       国文学研究資料館古典籍共同研究事業センター
       絵入本学会

日時 2015年3月14日(土)
会場 実践女子大学(東京都渋谷区)

※時間その他について調整中です。

司会 山下則子(国文学研究資料館)
パネリスト
「『絵本太閤記』と浮世絵」 佐藤悟(実践女子大学)
「徳川史観から皇国史観の中の秀吉像へ―『絵本太閤記』の位置」 井上泰至(防衛大学)
「chapbookという視点から幕末明治期の太閤記物を考える」 金時徳(ソウル大学校)


●グーグル提供広告