« Amazon.co.jpが「Kindle for Mac」アプリを提供開始、電子書籍をあなたのMacで(PR TIMES) | メイン | <歌舞伎>その「型」データで解明 九州大、芸伝承へ研究(東京新聞) »

2015年2月14日

 記事のカテゴリー : ホームページ紹介

●国立情報学研究所(NII)が、国内の大学等が発行する研究紀要等の情報発信支援「学術雑誌公開支援事業」の終了[2016(平成28)年度末]をアナウンス

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

国内の大学等が発行する研究紀要等は、今後は【機関リポジトリでの公開を中心に据える】(ないとこはJAIRO Cloud、J-STAGE)としています。詳細は以下。

●学術雑誌公開支援事業の終了について
http://www.nii.ac.jp/nels/about/

すでに、学協会の発行する学術雑誌等の情報発信支援「電子図書館(NII-ELS)」も終了がアナウンスされ、【J-STAGEに一本化するという国の方針が示され】ています。
http://www.nii.ac.jp/nels_soc/about/

いずれの場合も、事業終了後、適切に手を打たなければ、インターネット公開に支障をきたすことになると思いますので、注意してください。

参考記事
●国立情報学研究所(NII)、学術雑誌公開支援事業を2016(平成28)年度末で終了へ(カレントアウェアネス・ポータル)
http://current.ndl.go.jp/node/27974

学協会の電子化の今後について
●和田敦彦「学会誌電子化・公開の明暗―NII-ELSの事業終了を視野に」(リポート笠間57号)
http://kasamashoin.jp/2014/11/57_4.html


●グーグル提供広告