« 放送開始90年記念・脚本アーカイブズ・シンポジウム「脚本アーカイブズ」の新たなるステップへ -未来に向けた保存と利用(2015年 3月18日(水)、国立国会図書館 東京本館 新館 講堂、200名(申し込み先着順)) | メイン | 2015/2/18「歴史的典籍画像の30万点Web公開と国際共同研究」 のツィートまとめ。(togetter) »

2015年2月18日

 記事のカテゴリー : ホームページ紹介

●ICT時代の日本史文献管理考(みちくさのみち)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

【ちょっとした危機感

 現在刊行中の『岩波講座日本歴史』は、一応毎回購入して一冊一冊読みながらノートをつけているのだが、つい先日、近現代のとくに新しい時代に入ってきた巻を読んでいたところ、結構強いショックを受けた。ちょっと専門の時代や主題がずれたところになると、依拠している新しい説のフォローが全くできていないことに気がついたのだ。あわてて脚注を見ると2000年代後半から2010年代に出た新しい文献が並んでいるが、目を通していないものが多い。これではいけない、という危機感が募った。

 そこで今回も、もう少し進んだ解決策をお持ちの方にご教示いただきたく、恥を忍んで自分のやり方を提示してみることにする。】
つづきはこちらから。みちくさのみち。
http://d.hatena.ne.jp/negadaikon/20150217/p1


●グーグル提供広告