« 宮城県亘理郡亘理町・町立郷土資料館、企画展「東日本大震災と救い出された資料」【明治、大正時代の文豪の肉筆など貴重な資料】 (平成27年2月14日(土曜日)から3月29日(日曜日)まで) | メイン | 第4回 古代東アジア文化研究会(2015年3月16日(月)、ノートルダム清心女子大学(JR岡山駅下車・徒歩10分)ジュリーホール3階) »

2015年2月15日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●弘前市立郷土文学館・第39回企画展「陸羯南展」(2015年1月12日~2016年1月3日)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

展示会情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.hi-it.net/~bungaku/index.htm
--------------------

2015年1月12日~2016年1月3日

【陸羯南 安政4(1857)年~明治40(1907)年  陸羯南は、明治を代表するジャーナリストです。羯南は、津軽藩士の子として弘前在府町に生まれました。明治維新後、のちに陸羯南を名乗る中田實は、身を立てるために、東奥義塾、宮城師範学校、司法省法学校に学びました。そこで得た経験が、新聞『日本』で生かされました。国民主義を唱える『日本』は、政府の政策に反対して、しばしば発行停止処分を受けましたが、これに屈することなく、 『日本』は発行を続けました。この日本新聞社には羯南の人物と仕事に共感し、全国から秀才が集まりました。正岡子規がその一人で、羯南は病床にある子規に惜しみなく援助を続けました。子規は夏目漱石に、羯南のことを「徳の上から言ふて此のような人は余り類がない」と伝えています。羯南と子規の間には文人同士の深い繋がりがありました。  羯南は、晩年に清韓視察や世界一周の旅をし、50歳で亡くなっています。今回の展示では『日本』での業績をはじめ、世界一周の足跡を、当時の書簡や写真で紹介しています】


●グーグル提供広告