« 第四十回 西鶴研究会(2015年3月26日(木)、青山学院大学 総合研究ビル9階、第16会議室) | メイン | 訃報:上笙一郎さん81歳=児童文化研究家(毎日新聞) »

2015年2月 5日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●懐徳忌(第32回)【寺門日出男(都留文科大学教授)「晩年の五井蘭洲」】(平成27年4月4日(土)、誓願寺(大阪市中央区上本町西4丁目)、要申込)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

●公式サイトはこちら。
http://www.let.osaka-u.ac.jp/kaitokudo/event/index.html#kaitokuki

--------------------------

◆日 時:平成27年4月4日(土)
◆場 所:誓願寺(大阪市中央区上本町西4丁目)
    (大阪市営地下鉄谷町九丁目下車、上町筋を北に徒歩10分)
◆内 容:11:00~法要・墓前祭 11:30~講演(約一時間の予定)
◆申 込:懐徳堂記念会事務局まで御連絡ください。参加費等無料です。
     電話・ハガキ・FAX・メール何でも結構です。
◆講演要旨:晩年の五井蘭洲
                寺門日出男(都留文科大学教授)

【五井蘭洲は、懐徳堂の学風を確立した人物と高く評価されていますが、その思想・履歴・業績のいずれも、まだまだ明らかにされていない点が多いように思います。今回の講演では、蘭洲が中風に罹って以降、どのように過ごし何を考えていたのかを、現存する資料をもとに、考えてみたいと思います。また、竹山をはじめとする懐徳堂の人々が、どのようにして蘭洲の業績を後世に残したかという点にも言及する予定です。】


●グーグル提供広告