« 奈良工業高等専門学校・教員公募(一般教科(国語),准教授・講師または助教)(2015年01月30日 ~ 2015年02月16日 必着) | メイン | 文京区立森鴎外記念館 新収蔵品展 パート1:新収蔵品にみる鴎外の横顔/パート2:森類の生涯―ボンチコから作家へ(パート1:1月29日(木)~3月9日(月)/パート2:3月11日(水)~4月19日(日)) »

2015年2月 2日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●観峯館 新春平常展示「ちりめん本と玩具絵ー子どもたちへの贈りものー」(平成27年2月1日(日)~3月29日(日))

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

展示情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.kampokan.com/exhibition/1506.html
--------------------

新春平常展示「ちりめん本と玩具絵ー子どもたちへの贈りものー」

会期 平成27年2月1日(日)~3月29日(日)
会場 本館4階和本・教科書展示室
休館日 2月2日(月)、9日(月)
開館時間 9:30~17:00(入館は16:00まで)

【ごあいさつ―ちりめん本と玩具絵―】

本展で取り上げる「ちりめん本」と「玩具絵」・・・まったく別物のように思う二種類の美術作品には、ある共通点があります。それは・・・ともに子どもたちへと贈られたもの、ということです。
玩具は、子どもたちが遊ぶものですから、子どもたちへ贈られたものであることは明らかですが、ちりめん本はどうでしょう?実は、ちりめん本は日本へ来た外国人たちに向けて販売されたもので、外国人たちはこの珍しい本を、子どもたちへのお土産品として持ち帰りました。子どもが読むことを想定していたことは、ちりめん本の冒頭や奥付に「Told to children」と記されていることからも明らかです。
本展は、子どもたちへと贈られた、愛らしいちりめん本と玩具絵の魅力に迫る試みです。今話題の「かわいい」美術をお楽しみいただければ幸いです。

新春平常展示「ちりめん本と玩具絵ー子どもたちへの贈りものー」出品リスト(PDF)


●グーグル提供広告