九州国立博物館 文化交流展示室 トピック展示「大涅槃展」(平成27年1月14日(水)〜2月15日(日))

展示情報です。
●公式サイトはこちら
http://www.kyuhaku.jp/exhibition/exhibition_pre123.html
——————–
大涅槃展
展示期間:平成27年1月14日(水)〜2月15日(日)
展示場所:文化交流展示室 関連第11室
概要:
涅槃 ねはん とはサンスクリット語のニルヴァーナに由来する言葉で、迷いの火を吹き消した状態のこと。仏教において悟りの境地を意味し、とくに釈迦の死を「涅槃」と呼びます。その様子を表わした涅槃図の制作は釈迦誕生の地であるインドで始まり、仏教が伝えられるとともに東アジア全域に広がりました。日本では古くから宗派を問わず制作され、人々に親しまれ、他の地域とは比べようもないほど豊かな展開を遂げました。
このたびのトピック展示では、約80年ぶりに存在が確認され、当館の所蔵となった仏涅槃図を初公開するとともに、時代も地域もさまざまな選りすぐりの20点をご紹介いたします。その多彩な世界をお楽しみください。