平成26年度 第11回伝音セミナー「国勢調査とレコード」進行役:大西秀紀氏(平成27年3月5日(木)、京都市立芸術大学 日本伝統音楽研究センター)

セミナー情報です。
●公式サイトはこちら
http://jupiter.kcua.ac.jp/jtm/events/spsemi/index.html
——————–
平成26年度後期 伝音セミナー
日本の希少音楽資源にふれる
京都市立芸術大学 日本伝統音楽研究センターでは、平成26年度(後期)伝音セミナー「日本の希少音楽資源にふれる」を下記のとおり開催します。
全4回それぞれのテーマに沿って、SPレコード等に残された迫力ある演奏を紹介し、解説を加えながら、 これからの伝統音楽の方向を探っていきます。
日本の伝統音楽等の市民講座に参加するのは初めてという方にも気軽に受講いただける無料セミナーですので、多数の御参加をお待ちしております。
次回伝音セミナーのご案内
平成26年度 第11回伝音セミナー
内容 希少音源をを鑑賞しながら、歌や演奏等の紹介・解説等を行います。
国勢調査とレコード
平成27年は国勢調査の年です。この調査は国の最も重要な統計調査ですが、当初は国民にとって全くなじみのないものでした。そのため行政は浪花節、漫才、レビュー、流行歌、都々逸などの力を借りPRに努めます。今回は昭和5年に大阪で制作された「国調レコード」を中心に、国勢調査にまつわるレコードをご紹介いたします。
進行役:大西秀紀(日本伝統音楽研究センター非常勤講師)
日時 平成27年3月5日(木曜日)午後2時40分~午後4時10分
会場 京都市立芸術大学 日本伝統音楽研究センター
合同研究室1(新研究棟7階)
(京都市立芸術大学へのアクセス http://www.kcua.ac.jp/access/
定員 午後2時受付開始、先着50名。
参加費 無料。
問合せ先
京都市立芸術大学 教務学生支援室 事業推進担当
Tel.075-334-2204
>> 問い合わせフォーム