« 小井土守敏・吉村桃実・和田あや香編『三巻本宝物集平仮名本・片仮名本対照本文』が大妻女子大学人間生活文化研究所の「Otsuma eBook」にて公開 | メイン | 続「大学は役に立つのか」マジレスしてみます 個別分野編(日本文学研究)その2(日比嘉高研究室) »

2015年2月21日

 記事のカテゴリー : ホームページ紹介

●(熊本県)八代市立博物館未来の森ミュージアム「古典文学の世界」(〜2015年3月15日まで)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

展示会情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.city.yatsushiro.kumamoto.jp/museum/event/per_ex2/picture/2006koten.html

--------------------

【百人一首や源氏物語など和歌や物語を題材にした絵巻物や調度品などを紹介する展示が八代市の博物館で開かれています。この展示は八代城主だった松井家に伝わる源氏物語や百人一首など古典文学を題材とした絵巻物や屏風といった調度品を紹介するものです。展示品の一つの江戸時代前期につくられた「小倉百人一首画帖」は公家が書いた和歌と狩野派の絵師が描いた歌人の姿絵を交互に張り付けたもので在原業平や小野小町といった歌人の作品に触れることができます。】
つづきはこちらから。テレビ熊本

●展示品リストあり。

http://www.city.yatsushiro.kumamoto.jp/museum/event/per_ex2/picture/2006koten.html


●グーグル提供広告