第96回「書物・出版と社会変容」研究会(2015年4月11日(土)、一橋大学佐野書院)

研究会情報です。
●公式サイトはこちら
http://www.soc.hit-u.ac.jp/~wakao/index.htm
——————–
第96回「書物・出版と社会変容」研究会のお知らせ
各位
呼びかけ人 若尾政希(一橋大学)
    幹事  鈴木淳世(一橋大学大学院)
 立春の候、いかがお過ごしでしょうか。
 2015年度、最初の書物研を4月11日に開催致します。少し先となりますが、手帳に書き込んでいただければと思います。
 当会は、会員組織も規約もない研究会です。書物や出版に関心がある方であれば、どなたでも参加いただけます。御興味のある報告のときに、気楽にお出でいただければと思います。報告者も随時募集しております。宜しくお願い致します。
『書物・出版と社会変容』第19号の予約を承けたまわっております。書物や出版に関わる材料をお持ちの方、是非とも力作をお寄せいただきたくお願い申し上げます。2月末日までに、若尾までご連絡いただければ幸いです。
 書物・出版に関わる他の研究会の案内を末尾に添付しました。あわせてご覧いただき、ご参加いただければと思います。
             記
日時: 2015年4月11日(土)13時~
会場:一橋大学佐野書院(国立市、一橋大学南隣)地図はこちら(PDF)です。 JR中央線国立駅下車、大学通り(桜並木)を徒歩10分。一橋大学の西正門の前(正門を入らないでください)を通り過ぎ、最初の角を右に曲がり30メートルぐらい歩くと左手にあります。
報告:
古畑侑亮氏:「幕末・明治初期における「好古家」の抄録と編纂物―武蔵国の在村医小室元長の『不如学斎叢書』を中心に―(仮題)
中川和明氏:「平田国学による祭祀の創意とその波紋―『毎朝神祇詞記』・『玉襷』と地方の動向―」(仮題)