« 研究会「近代日本の日記文化と自己表象」第3回(2015年3月7日(土)、国文学研究資料館2階 第1会議室) | メイン | さくさくと――近代短歌を比較文学的に読む(進講者:川本皓嗣)(宮内庁・講書始の儀におけるご進講の内容(平成27年1月9日)) »

2015年2月23日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●講演会「薔薇刑と童貞のエクリチュール~三島由紀夫と春日井建」(講師:水原紫苑)(2015年3月22日(日)14:00-16:00、ふげん社 ギャラリースペース、要・事前申し込み,ドリンク付きチケット¥1,500)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

講演会情報です。

●公式サイトはこちら
http://fugensha.jp/?news=細江英公「薔薇刑」展-%E3%80%80一度ミシマを忘れるため

--------------------

【先着順】3/22(日)14:00-16:00
講演会「薔薇刑と童貞のエクリチュール~三島由紀夫と春日井建」(講師:水原紫苑)
要・事前申し込み,ドリンク付きチケット¥1,500

三島に現代の定家と称された歌人・春日井健と、薔薇刑の作品を対比しつつ、三島由紀夫と春日井建の関係性について、春日井建のお弟子さまであられます水原紫苑さんに語っていただきます。水原さんのお話から、新しいミシマ像が垣間見えると思います。

講師プロフィール
水原紫苑 Shion Mizuhara
1959年、横浜生まれ。早稲田大学大学院仏文専攻修士課程修了。
春日井建に師事。歌集に『びあんか』(現代歌人協会賞)『客人(まらうど)』(駿河梅花文学大賞)『あかるたへ』(若山牧水賞、山本健吉文学賞)など。最新歌集に『光儀(すがた)』(2月刊行予定)。
ほかに評論『桜は本当に美しいのか』、短編小説集『生き肌断ち』、伝記小説『あくがれーわが和泉式部』など。

イベント参加ご希望の方は、イベント名・お名前・参加人数・Emailアドレス・電話番号をご明記の上、info@fugensha.jpまでご連絡ください。


●グーグル提供広告