シンポジウム「近代日本におけるフランス象徴主義―受容・模倣・創造―」(2015年3月14日(土)・15日(日)、学習院大学北二号館(文学部研究棟))

シンポジウム情報をいただきました。

——————–
来る3月14日-15日の2日間、「近代日本におけるフランス象徴主義―受容・模倣・創造―」と題するシンポジウムが学習院大学文学部にて開催されます。フランス文学・比較文学・日本文学の研究者が一堂に会して講演と研究発表を行います。ご興味のある方は是非ご参加ください。
シンポジウム「近代日本におけるフランス象徴主義―受容・模倣・創造―」
日時:2015年3月14日(土)14:00-18:10、3月15日(日)10:00-17:10
場所:学習院大学北二号館(文学部研究棟)(JR山手線下車徒歩1分)
主催:科学研究費(基盤研究C)「近代日本におけるフランス象徴主義受容に関する総合的研究」
共催:学習院大学文学部フランス語圏文化学科
◆第1日目:3月14日(土曜)、学習院大学北二号館5階570号室(仏文学専攻院生室)
<午後>[開会14:00]
主旨説明 14:00-14:20
セッションI:明治大正期における受容[14:20-15:50](司会:森本淳生)
1.「蒲原有明におけるフランス象徴詩の受容」(仮)渋谷裕紀(新潟大学)
2.「野口米次郎における象徴主義受容」堀まどか(嶺南大学校)
3.「象徴の森の中の詩人大使
 ――ポール・クローデルの日本経験」大出敦(慶應義塾大学)
討議1(20分)
セッションII:マチネポエティクの時代[16:20-17:50](司会:寺本成彦)
1.「中村真一郎におけるネルヴァル」田口亜紀(共立女子大学)
2.「福永武彦におけるボードレール
 ――「規範」としてのフランス詩」西岡亜紀(東京経済大学)
3.「加藤周一とヴァレリー
 ――知性の仕事としての象徴主義」岩津航(金沢大学)
討議2(20分)
[18:10終了予定]
◆第2日目:3月15日(日曜)、学習院大学北二号館10階大会議室
<午前>
特別講演I[10:00-11:00]
「堀口九萬一と大學、二人のフランス詩翻訳」
 ………柏倉康夫(放送大学名誉教授)
セッションIII:模倣?それとも創造?
 ――ボードレールの場合[11:10-12:10](司会:岩津航)
1.「萩原朔太郎とボードレール――感覚と声の詩学」
 ……坂巻康司(東北大学)
2.「梶井基次郎におけるボードレール」
 ……………………釣馨(神戸大学)
討議3(20分)
<午後>
特別講演II[14:00-15:00]
「ランボー受容史――中原中也から私の詩作まで」
 ………野村喜和夫(詩人)
セッションIV:象徴主義の超克?[15:10-16:40](司会:坂巻康司)
1.「〈球体〉脱出のもうひとつの道
 ――小林秀雄における象徴主義の超克」森本淳生(一橋大学)
2.「新しき詩作――田邊元とマラルメ」立花史(早稲田大学)
3.「寺山修司におけるロートレアモン」寺本成彦(東北大学)
討議4(20分)
[17:10終了予定]
なお、15日の日曜日は会場の北二号館(文学部研究科棟)が施錠されるため、途中からの入場の際に若干のお時間がかかることをあらかじめご了承ください(携帯電話で中にいる担当の者を呼び出していただき、建物の扉を開けて入場していただくという形になります)。
連絡先:東北大学大学院国際文化研究科坂巻康司
kojimaki[at]ac.auone-net.jp