大正イマジュリィ学会第12回全国大会・第3回国際シンポジウム「東アジアにおける大衆的図像の視覚文化論」(2015年3月13日(金)・14日(土)、京都精華大学)

研究会情報です。
●公式サイトはこちら
http://d.hatena.ne.jp/taisho-imagery/20150216/1424097575
——————–
■大正イマジュリィ学会第12回全国大会のお知らせ
日時:2015年3月13日(金)、14日(土)
場所:京都精華大学
〒606-8588 京都市左京区岩倉木野町137(アクセス
参加費:会員なし/非会員は300円が必要
第一日目:2015年3月13日(金)
受付(於:京都精華大学黎明館002)13:00~
第3回国際シンポジウム(サントリー助成研究活動/学会共催)13:30~
「東アジアにおける大衆的図像の視覚文化論」
(趣旨説明) 「ポスターのレトリック――欲望喚起のメカニズム」
岸文和(同志社大学)
「日本占領期台湾の広告における記号としての〈戦争〉――『台湾日日新報』を例として」
孫秀螵、陳儀芬(国立政治大学)
「日本および植民地朝鮮の広告/戯画における〈文化生活〉」
ジョルダン・サンド(ジョージタウン大学)
全体討論「モダニティの広報――20世紀前期東アジアの視覚文化を考える」
司会:佐藤守弘(京都精華大学)
第二日目:2015年3月14日(土)
【総会】(於:京都精華大学黎明館002)10:30~11:00
【第34回研究会】(於:京都精華大学黎明館002)
【研究発表1】11:15~12:00
「高島屋百貨店における洋風家具――新聞や販促物にみるイメージ」
亀野晶子(摂南大学非常勤講師)
【研究発表2】13:00~13:45
「話す写真家たちー戦間期のラジオテキスト『写真講座』の図像をめぐって」
松實輝彦(名古屋芸術大学)
【研究発表3】13:45~14:30
「大正泰西画家訪問――マチス、ルノアール、など」
山田俊幸(帝塚山学院大学)
【レクチャー】14:45~15:30
「美術全集事始め――大正の美術出版の隅っこで」
島本浣(京都精華大学)
第3回国際シンポジウム
主催:広告レトリック研究会(科学研究費助成事業[基盤研究C]研究代表者・岸文和)
共催:大正イマジュリィ学会
助成:公益財団法人サントリー文化財団