国文学研究資料館・展示 「観相から見る日本文学史」(平成27年1月21日(水)~平成27年3月中旬頃)

展示会情報です。
●公式サイトはこちら
http://www.nijl.ac.jp/pages/event/exhibition/2014/kanso.html

——————–
【通常展示の一部のスペースを使って、観相から見る日本文学史をテーマに、当館所蔵資料等を展示いたします。
「観相から見る日本文学史」
会期:平成27年1月21日(水)~平成27年3月中旬頃
 「観相」とは、人の身体・容貌・声・気色(オーラのようなもの)を観察して、その性質・禍福を見通すことを言う。いわゆる人相見である。
 観相を今風に評すると、「人間を観察する技術の精華」とでも表現できようか。今ではあまり一般的とは言い難くなった「観相」だが、今よりもはるかに占い師などが多かった前近代の社会では、観相をめぐる知識体系は、創作活動や創作物に少なからぬ影響を及ぼしていたようである。
 そこで本コーナーでは、観相が人物・キャラクター造型に与えた影響の可能性を確かめるために、その営みの跡をとどめる文学・絵画、それに関連する言説や、相書に残された記述の一端を簡単に示しておく。】
上記公式サイトでは、
展示ケース1 人相見の絵
展示ケース2 日本で流布した中国由来の相書
展示ケース3 近代まで続く観相の世界
展示ケース4 著名な人相見のはなし
それぞれについての解説PDFが公開されています。