« 東方文学比較研究会の石軒学術賞を受賞【『異国征伐戦記の世界-韓半島・琉球列島・蝦夷地』(笠間書院、2010)】(hermodの探査日誌) | メイン | 『島崎藤村研究』第42号 »

2015年1月 7日

 記事のカテゴリー : ホームページ紹介

●ひと:池澤夏樹さん=日本文学全集を個人編集した作家【訳は時代とともに変わるから、国文学の専門家ではなく、日本語で悪戦苦闘する皆さんにお願いした】(毎日新聞)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

【◇池澤夏樹(いけざわ・なつき)さん(69)

 個人編集し、2007年秋に刊行開始した「世界文学全集」(河出書房新社)全30巻が完結したのが11年3月10日。翌日、東日本を大震災が襲った。被災地を歩き、かくも災害の多い列島に暮らす日本人とは何者かを考えた。それを知るには日本文学しかないと、再び全集の旅に出た。古典を読み込むうち「我々は平和な民。主題は色恋と自然観が多い」と痛感したという。】
つづきはこちらから。毎日新聞。
http://mainichi.jp/shimen/news/20150107ddm008070133000c.html


●グーグル提供広告