MOA美術館 尾形光琳300年忌記念特別展「燕子花と紅白梅」 光琳アート -光琳と現代美術-(2015年2月4日(水)~3月3日(火))

展示情報です。
●公式サイトはこちら
http://www.moaart.or.jp/exhibition/korin/
——————–
尾形光琳300年忌記念特別展「燕子花と紅白梅」 光琳アート -光琳と現代美術-
2015年2月4日(水)~3月3日(火)
 尾形光琳(1658-1716)の没後300年を記念して、特別展「燕子花と紅白梅 光琳アート 光琳と現代美術」を開催いたします。尾形光琳は、やまと絵の伝統をふまえつつ、斬新な意匠性と装飾性をもった芸術を完成させ、後世に多大な影響をあたえました。光琳100年忌にあたる文化12年(1815)には、酒井抱一が遺墨展を行い、それを機に『光琳百図』が刊行されました。200年忌にあたる大正4年(1915)には、三越呉服店が「光琳遺品展覧会」を開催しました。
 来る平成27年(2015)の光琳300年忌に際して、当館では光琳の二大傑作である国宝「燕子花図屏風」と国宝「紅白梅図屏風」を同時に展観する特別展を開催いたします。本展では、光琳100年忌・200年忌等で紹介された光琳の名品、並びに、光琳の影響が窺える現代美術を展観し、光琳芸術の系譜を概観しようとうするものです。