« 日比谷カレッジ第五回ジャパンナレッジ講演会「残しておきたい 美しい日本語~辞書編集者を悩ませる、日本語~」講師:神永曉(2015年1月20日(火)、日比谷図書文化館 ※要申込) | メイン | 立命館大学日本文学会・2014年度国語教育ゼミナール冬季大会(2015年1月24日(土) 、立命館大学衣笠キャンパス 清心館 3階533号教室) »

2015年1月 7日

 記事のカテゴリー : ホームページ紹介

●米国スミソニアン協会のアジア美術の美術館、米国Freer and Sackler Galleries、40,000点以上のコレクションの画像をオンライン公開

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

Smithsonian InstitutionのJANUARY 1, 2015付けのブログより。タイトル「Digitocracy!」。
【With a new year, the Freer|Sackler launches a new initiative: Open F|S. We've digitized our entire collection and today, we're making it available to the public. That's thousands of works now ready for you to download, modify, and share for noncommercial purposes. As Freer|Sackler Director Julian Raby said, "We strive to promote the love and study of Asian art, and the best way we can do so is to free our unmatched resources for inspiration, appreciation, academic study, and artistic creation." More facts and figures about the project can be found in the infographic below.】
http://bento.si.edu/uncategorized/open-fs/digitocracy/

●検索は以下ページより。
http://www.asia.si.edu/collections/edan/default.cfm

●今回のプロジェクトのinfographic
http://bento.si.edu/wp-content/uploads/2014/12/201501-Digital-launch-info-graphic-FA-X1a3_675k.jpg

■参考記事
・米国Freer and Sackler Galleries、40,000点以上のコレクションの画像をオンライン公開予定であることを発表(カレントアウェアネス・ポータル)
http://current.ndl.go.jp/node/27646

・スミソニアン博物館、所蔵品4万点超のデジタル画像を公開。非商用なら再利用も無償(japanese.engadget)
http://japanese.engadget.com/2015/01/05/4/

・[オピニオン]スミソニアン博物館所蔵の韓国の宝(東亜日報)
http://japanese.donga.com/srv/service.php3?biid=2015010702258


●グーグル提供広告