« 第5回東京大学南原繁記念出版賞に高山大毅氏(東京大学大学院人文社会系研究科研究員) | メイン | 日中対照言語学会 1月月例会(2015年1月17日(土)、大東文化会館K-403) »

2015年1月15日

 記事のカテゴリー : ホームページ紹介

●練馬区立貫井図書館所蔵の和装本がデジタル公開に(ADEAC)【和書、漢籍に分け掲載。全109タイトルを デジタル化公開】

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

公式サイトはこちら。
https://trc-adeac.trc.co.jp/WJ11C0/WJJS02U/1312015100

【貫井図書館では、所蔵している和装本を皆様に閲覧していただくために、デジタル化を行いました。
その数はなんと100点以上。
所蔵されているのは江戸時代にベストセラーとなった歴史書『日本外史』を初め、
四書五経などの教養本や、能を稽古するための謡本等です。
江戸時代に出版されているものが多いものの、はっきりと文字が読める形で残っています。
今後も保存を続けていくと同時に、皆様にも閲覧していただくためにデジタル化を行いました。

インターネット上で公開しているので、いつでもアクセスが可能です。
また、館内には閲覧用iPadを設置しており、高精細画像がお楽しみいただけます。
この機会に100年前の本を閲覧してみてはいかがでしょうか?】
http://www.lib.nerima.tokyo.jp/news/detail/142

●和書一覧
https://trc-adeac.trc.co.jp/Html/Etc/1312015100/topg/washo.html

●漢籍一覧
https://trc-adeac.trc.co.jp/Html/Etc/1312015100/topg/kanseki.html


●グーグル提供広告