吉備路文学館 生誕130年 ―酒と友と旅を愛した、あくがれゆく歌人― 若山牧水展(平成27年1月25日(日)~4月19日(日))

展示情報です。
●公式サイトはこちら
http://www.kibiji.or.jp/installationinfo/21-spinstallationinfo/247-2014-09-30-00-55-35.html
——————–
生誕130年
―酒と友と旅を愛した、あくがれゆく歌人―
若山牧水展
展示期間:平成27年1月25日(日)~4月19日(日)
休館日:毎週月曜日(祝日は開館)、祝日の翌日、年末年始
(一般:400円、大・高生300円、中・小生200円)
平成27(2015)年、生誕130年を迎える若山牧水(1885-1928)。
宮崎県東臼杵郡坪谷(現・日向市東郷町坪谷)に生まれた若山牧水は、
明治末期の文壇で活躍し、今なお文学史上に名を残す歌人の一人です。
“人生は旅である―”と語った牧水。
その言葉通り、生涯全国を旅した牧水が、
二本松峠(岡山)への旅路で作った名歌、
「幾山河こえさりゆかば寂しさのはてなむ国ぞけふも旅ゆく」は、
牧水の傑作として称えられています。
一階展示室では、牧水の文学的功績を時系列でたどりながら、
こよなく愛した「酒」に注目し、
書、書簡、原稿、愛用品、著書、写真等を展示いたします。
また二階展示室では「牧水と岡山」と題して、
無二の親友・平賀春郊との交流を中心に紹介いたします。
生誕130年に際し、あくがれゆく歌人”牧水の世界”をご堪能いただければ幸いです。