北海道立文学館 特別展「小檜山博の文学 -野生よ 退化する現代を撃て-」(2015年1月31日(土)~3月22日(日))

展示情報です。
●公式サイトはこちら。関連イベントも。
http://www.h-bungaku.or.jp/exhibition/special.html
——————–
小檜山博の文学 -野生よ 退化する現代を撃て-
会期:2015年1月31日(土)~3月22日(日)
滝上町生まれの小説家、小檜山博(こひやま・はく、1937年~)は、1970年代半ばから北海道に生きる人間をテーマに小説を発表し、現代社会に問いかけてきました。初期の「出刃」(1976年北方文芸賞)、中期の「光る女」(1983年北海道新聞文学賞、泉鏡花文学賞)、そして自らのルーツを凝視した「光る大雪」(2003年木山捷平文学賞)など、いずれも多くの衝撃と感動を与えています。また、エッセイスト・コラムニストとしても活躍し、心に沁みる珠玉の作品を発表。苦境にあって決して夢を忘れず、人間への希望を求める小檜山博の文学世界の魅力を紹介します。
展覧会チラシ (PDF形式:約1MB)
開館時間 9:30~17:00(入場は16:30まで)
観覧料 一般700(560)円、高大生450(360)円、小中学生300(240)円
( )内は10名以上の団体料金
休館日 毎週月曜日
主催 北海道立文学館、公益財団法人北海道文学館、北海道新聞社
共催 北海道文化団体協議会、札幌文化団体協議会、NPO法人北の映像ミュージアム、
北海道ジェイ・アール・エージェンシー
後援 北海道、札幌市、札幌市教育委員会
協力 滝上町教育委員会