「大阪の劇場大工 中村儀右衛門資料」大道具帳データベース、が大阪都市遺産研究センターのサイトで公開。※中村儀右衛門(1852~1921)

【「大阪の劇場大工 中村儀右衛門資料」は、明治から大正にかけて大阪で活躍した大工棟梁中村儀右衛門(1852~1921)に関する455点に及ぶ資料群です。彼が手がけた道頓堀を中心とする大阪の劇場建築図面や仕様書、彼の日記や覚書などが含まれます。明治以降の道頓堀を中心とする大阪の劇場建築の様相を知るだけではなく、当時の芝居小屋の息づかいが伝わる貴重な資料です。平成24年(2012)に関西大学大阪都市遺産研究センターが入手しました。】
つづきはこちらから。大阪都市遺産研究センター。
http://www.kansai-u.ac.jp/Museum/osaka-toshi/visual03.html
●早稲田大学坪内博士記念演劇博物館
芝居町道頓堀の風景
─ 大道具師中村儀右衛門 と芝居画家山田伸吉 ─
会期:2014年12月18日(木)~ 2015年2月4日(水)
休館日: 12月 23日(火)~ 1月 7日(水)・ 11日(日)・ 12日(月)
会場:演劇博物館 常設展示3階 近世コーナー
開館時間:10: 00~17: 00(火・金は19時まで)
主催:関西大学大阪都市遺産研究センター 早稲田大学坪内博士記念演劇博物館
入場無料
http://web.waseda.jp/enpaku/ex/2419/