« MOA美術館 尾形光琳300年忌記念特別展「燕子花と紅白梅」 光琳アート -光琳と現代美術-(2015年2月4日(水)~3月3日(火)) | メイン | 明治大学大学院文学研究科 他共催 国際学術研究会『交響する古代V』(2015年2月27日(金)・28日(土)、明治大学 グローバルフロント) »

2015年1月29日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●第54回 JSL漢字学習研究会(2015年2月21日(土)、早稲田大学早稲田キャンパス ※要申込)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

研究会情報です。

●公式サイトはこちら
http://jsl-kanji.com/event/20150221.html
--------------------

日程:2015年2月21日(土) 14:00~18:00(13:45~14:00の間にご来場ください。)
会場:早稲田大学早稲田キャンパス26号館502教室(交通アクセスはコチラ)
参加方法

資料代:500円
参加申込(必須):「研究会参加申込」ページよりお申込ください。(先着順に受付いたします。会場の都合がありますので,必ずお申込ください。申込時に問題が生じた場合は,メール(sanka@jsl-kanji.com)でご連絡ください。)

発表(14:00~17:30の予定)

発表は4件です。発表順が変わる可能性があります。予めご了承ください。

【1】
タイトル:漢字リテラシー育成のための実践研究(仮)
発表者:楊敏(4月より早稲田大学日本語教育研究センターインストラクター非常勤の予定)
内容:漢字リテラシー育成のために行った実践研究の,方法及びその方法を模索した過程を記述・分析したものを発表し,自らの実践研究への内省とする。

【2】
タイトル:音声教育と連動させた漢字教育実践-漢字の読み方指導を中心に-
​​発表者:大久保雅子(青山学院大学)
​内容:本発表は,日本語学習者における漢字習得の問題点を分析し,漢字の読み仮名表記上の問題点および発音上の問題点から,音声習得と連動させた漢字指導を提案するものである。 調査対象者は,母国で約1年間日本語を学習して来日した大学日本語別科の学生15名である。対象者のクラスでは,日本語授業の中で毎回漢字指導が行われているが,漢字の読み仮名を書くテストにおいて,漢字圏学習者に初級漢字の誤りが複数みられ,それらの多くが発音上の問題点と連動していることが明らかになった。また,アンケート結果から,漢字圏学習者と非漢字圏学習者の漢字に対する意識が異なっていることが明らかになった。

​​【3】
​​タイトル:漢字の書き取りの正誤判断について(仮)
​​発表者:池田幸弘(慶應義塾大学日本語・日本文化教育センター専任講師(有期))
​​内容:(後日案内します)

​​​【4】
​​​タイトル:語彙マップを用いた初級漢字語彙教材の開発​
​​発表者:徳弘康代(名古屋大学)
​​内容:語彙マップを使って楽しく話しながら言葉や漢字を学ぼう,という趣旨のもとに作成した教材について発表する。初級では語彙学習は,語句のみを取り出して分類してマップで提示しても,実際に表現することにつなげるのは難しい。本研究で開発した語彙マップには,独立語を提示するだけでなく,助詞や表現文型や活用させた動詞等も載せて語彙と文法を混在させ,学習者がそのマップを見てすぐに,表現できるように工夫した。また,イメージを膨らませることを容易にするため,絵やイラストも多く取り入れた。発表では,開発の趣旨,目的,教材の使い方等について見本を使いながら述べる。​

おしゃべり交流会(18:00まで)

発表終了後は,会場を18時まで,参加自由の交流の場として開放いたします。参加者同士の交流の場としてご活用ください。みなさまと交流できるのを楽しみにしております。

地震・停電への対応について

前日までに計画停電が発表されたり,大きな災害が起きたりした場合は,開催の可否について,当サイトにお知らせを掲示いたします。サイトにアクセスできない方は,メール(sanka@jsl-kanji.com)でお問い合わせください。
当日,停電・災害等が発生し,研究会を延期または中止とする場合は,当サイトにお知らせを掲示し,さらに参加申込者全員にメールにてお知らせいたします。
研究会の会場が停電となった場合は電話も使えなくなりますので,お手数をおかけいたしますが,メール(sanka@jsl-kanji.com)でのご連絡をお願いいたします。

会誌購入のお願い

研究会受付にて,会誌販売を行います。1冊700円です。見本を受付に置いておきますので,お手に取ってご覧ください。研究会開始直前は受付が混雑しますので,休憩時間や研究会終了後にお買い求めいただければ幸いです。また,会場に準備できる冊数に限りがありますが,売り切れた場合も,会場でお申し付けいただければ,送料無料にて郵送いたしますので,お声かけください。会誌購入の代金は,研究会の運営費として運用してまいります。

その他

転送は歓迎いたします。準備や受付をスムーズに行うため,事前に参加申込を行うようお伝えください。ご協力をお願いいたします。


●グーグル提供広告