« 姫路文学館 寄贈記念「椎名麟三新資料展」(2015年2月14日(土)~3月29日(日))・奥泉 光 講演会「戦後文学を読む」(3月17日(火)【申込不要】) | メイン | 大阪俳句史研究会 1月〜7月の研究会情報(毎月最終土曜日、柿衞文庫 (伊丹市)【日時・会場は変更することがあります】) »

2015年1月26日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●神奈川近代文学館 特別展「没後50年 谷崎潤一郎展-絢爛たる物語世界-」(2015年4月4日(土)~5月24日(日))

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

展示情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.kanabun.or.jp/te0174.html
--------------------

特別展「没後50年 谷崎潤一郎展-絢爛たる物語世界-」
   2015年4月4日(土)~5月24日(日)


 谷崎潤一郎(1886~1965)は1910年(明治43)、「刺青」「麒麟」などを発表。 その耽美的な作品で、自然主義が隆盛を極めていた当時の文壇に大きな衝撃を与えました。 以後、79歳で世を去るまで独自の文学を展開。「痴人の愛」「春琴抄」「細雪」など、完璧に構築された物語は、日本のみならず海外でも多くの人びとを魅了しています。 谷崎の絢爛たる物語世界は、生の途上で出会った美を貪婪に味わう中で紡ぎ出されました。 特に、崇拝する女性たちから得たインスピレーションは、数々の名作の源となっています。 没後50年を記念して開催する本展では、先ごろ発表された、谷崎の〈永遠女性〉―妻・松子へあてた膨大な書簡などの新資料を中心に、芸術に生涯を捧げた文豪の足跡をたどります。

◇会  期 2015年(平成27年)4月4日(土)~5月24日(日)
休館日は月曜日(5月4日は開館)
◇開館時間 午前9時30分~午後5時(入館は4時30分まで)
◇会  場 神奈川近代文学館展示室
◇観 覧 料 一般600円(400円)、65歳以上/20歳未満及び学生300円(200円)
高校生100円、中学生以下は入場無料  *(  )内は20名以上の団体料金
※東日本大震災の罹災証明書、被災証明書等の提示で無料
◇編集委員 千葉俊二
◇主  催 県立神奈川近代文学館、公益財団法人神奈川文学振興会
◇特別協力 中央公論新社
◇後  援 芦屋市谷崎潤一郎記念館
NHK横浜放送局、FMヨコハマ、神奈川新聞社、tvk(テレビ神奈川)
◇協  賛 京浜急行電鉄、相模鉄道、東京急行電鉄、
神奈川近代文学館を支援(サポート)する会
◇広報協力 KAAT 神奈川芸術劇場 KADOKAWAヤングエース編集部

■関連行事■


□記念講演会

4月11日(土)「痴人たちの〈恋〉と〈愛〉」 講師:平野啓一郎
□ギャラリートーク

会期中の毎週金曜日 14:00~
会場=展示館1階エントランスホール
●そのほか朗読会や講座などを予定しております。
  行事についての詳細は、催し物のページをご覧ください。


☆コミック「文豪ストレイドッグス」との異色のコラボ企画 第2弾実施!

中島敦、太宰治、国木田独歩らが繰り広げる文豪異能力バトルアクションコミック「文豪ストレイドッグス」(株式会社KADOKAWA 「ヤングエース」連載中 原作:朝霧カフカ、漫画:春河35)とのコラボ、「谷崎潤一郎展」でもやります!
本作品と文学館は作品の舞台が横浜で、主人公・中島敦の一大コレクションを文学館が所蔵しているという深いつながりがあったことから、昨年の「太宰治展」でコラボ企画を実施、約2000人の文ストファンが来館し「文豪女子」という言葉も生まれるなど、予想を超える反響がありました。
今回の「谷崎潤一郎展」でも、「文豪ストレイドッグス」に武装探偵社のメンバーの一員として異能力<細雪(ささめゆき)>を操る谷崎が登場することから、コラボ企画を実施することになりました! 詳細は次回お知らせします。乞うご期待!
《「文豪ストレイドッグス」特設サイト》


◇お問い合わせ◇
公益財団法人神奈川文学振興会
231-0862 横浜市中区山手町110 県立神奈川近代文学館内
TEL045-622-6666  FAX045-623-4841


●グーグル提供広告