« さかい利晶の杜(*3月20日開設予定)、堺市博物館・非常勤学芸員(文学)の募集(平成27年2月2日(月)から平成27年2月9日(月)まで(消印有効)) | メイン | 大橋崇行『ライトノベルから見た少女/少年小説史』がミステリマガジン3月号(No.709)ブックレビュー(松坂健氏)で紹介されています »

2015年1月27日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●大澤聡×東浩紀「ゲンロンから遡る批評の歴史《2015→1930》 ――大澤聡『批評メディア論』刊行記念」 @sat_osawa @hazuma(2015/02/06 (金) 19:00 - 21:00 、ゲンロンカフェ)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

講演会情報です。

●公式サイトはこちら
http://peatix.com/event/64886

--------------------


詳細

前売は2600円(1ドリンク付き)/ゲンロン友の会会員証または学生証のご提示で2100円(1ドリンク付き)に!

当日券は3100円 (1ドリンク付き)です。ゲンロン友の会会員証または学生証のご提示で2600円になります。
友の会会員限定指定席にはキャッシュバックはありません。複数席を予約される場合は、お連れの方が友の会会員でなくても結構です。
開場時間はイベント開始1時間前の18:00となります。
2015/1/22 イベントタイトルを変更しました。

【イベント概要】
1月20日発売の新刊『批評メディア論――戦前期日本の論壇と文壇』(岩波書店)の刊行を記念し著者の大澤聡さんをお迎えします。
この国で「批評」はいかなる使命を担ってきたのか。批評メディアの歴史を批評的に分析しつつも、同時に、アートや建築をはじめあらゆるクリエイティブの現場に応用可能なヒントを1冊に凝縮した、と大澤さんは語ります。そこで、ゲンロンカフェを経営し独自の実践を続ける東浩紀とともに、批評やメディアの過去と現在と未来についてあますところなく徹底討議していただきます!


●グーグル提供広告