古典文学どう楽しむ?新訳・新装が相次ぐ(読売新聞)

【今年の後半は、古典文学に親しむ機会を広げる出版物の企画が相次いでいる。
 現代作家の古典の新訳が売りの一つである『池澤夏樹=個人編集日本文学全集』(河出書房新社)や、名シリーズと名高い『新潮日本古典集成』の新装版の刊行が始まり、老舗の岩波文庫も元気がいい。様々な本を通し、先人の文学をいかに楽しめるのか探ってみた。】
つづきはこちらから。読売新聞。
http://www.yomiuri.co.jp/book/news/20141209-OYT8T50107.html