« 國學院大學國文學會1月例会(平成27年1月10日(土)) | メイン | 九州国立博物館 新春特別公開・九州初公開「国宝 初音の調度」(平成27年1月1日(木・祝)〜1月25日(日)) »

2014年12月15日

 記事のカテゴリー : いただいた本・送られてきた本

●ドナルド・キーン、ツベタナ・クリステワ『FUKUOKA U ブックレット 6 日本の俳句はなぜ世界文学なのか』(弦書房)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

ツベタナ・クリステワ氏よりいただきました。

86329-101-0.jpg

●公式サイトはこちら
http://genshobo.com/?p=6050

「目で聞く、耳で見る―」短詩型文学の魅力を存分に語る。「俳句とか短歌は、もうやがて二千年前から日本人は使ってきていて、今でも使っているわけです。それはほかの国にはない現象です。これは日本の詩歌の一つの魅力で、そして日本の誇るべきことだと私は思います。」(ドナルド・キーン)

ドナルド・キーン
ツベタナ・クリステワ

A5判/64ページ/並製
978-4-86329-101-0
定価 680円 (+税)
2014年6月発行

【目次】
《日本の短詩型文学の魅力》ドナルド・キーン
子供にも作れる俳句の意義
世界で最も短い詩型に惹かれた外国人
日本と外国とで違う「韻」の価値
強弱のリズムのない日本語
「奇数好き」の長い伝統
一番大事なのは「暗示」
正岡子規の俳論
「音」に注目しない日本人
二千年も使われ続ける詩型を持つ幸福

《ドナルド・キーン先生による俳句解読の魅力》ツベタナ・クリステワ
ドナルド・キーン先生という「奇跡」
日本文化の美意識
和歌から俳句への展開の特徴
「雅俗」としての俳諧連歌の働き
「俗雅」としての貞門派と談林派の役割
芭蕉の宇宙
天才の誕生と歴史/二つの「秋の暮」/不易流行/感覚の合流――「目で聞く、耳で見る」
芭蕉のあと
「感覚合流」の美意識の流れ/一茶の「しづかさや」


●グーグル提供広告