« 「青き心」と「時代の匂い」~『五十嵐日記』を読む●古書現世 向井透史(日本の古本屋メールマガジン・その172・12月25日号) | メイン | 安田女子大学・文学部日本文学科・大学院文学研究科 国語教育学 専任教員募集(2014年12月24日 ~ 2015年01月30日 必着) »

2014年12月25日

 記事のカテゴリー : ホームページ紹介

●全国美術館会議サイトにて『全国美術館会議会員館 収蔵品目録総覧 2014』が公開に

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

【本『全国美術館会議会員館 収蔵品目録総覧2014』(全美目録総覧2014)は、全国美術館会議の会員各館が発行する収蔵作品目録や作品選集、データベースのうち、もっとも基礎的・網羅的なものを精選し、その書誌情報を収録するものです。
 本総覧の刊行にいたった背景には、美術館収蔵品の情報公開をめぐるきびしい現実があります。当部会は1993年の発足当初から収蔵品の情報公開を一つの大きな柱として研究活動に取り組み、収蔵品データベースなどをめぐり研修も実施してまいりましたが、近年、部会が独自に行った美術館ホームページ動向調査からはこの10年間で収蔵品データの公開にあまり大きな進展はみられないという結果が得られました。ここから、今日の美術館の現実に向き合うならば、データベースの問題は一旦脇に置いて、冊子体の収蔵品目録の状況を整理することが先決ではないかと我々は考えるようになりました。国内所在の全作品を網羅する目録を作るのはあまりに膨大ですが、それよりも一歩手前の収蔵品目録の総覧であれば実現可能なのではないかと取り組んだのが本総覧です。】
つづきはこちらから。全国美術館会議。

http://www.zenbi.jp/data_list.php?g=93&d=13

※エクセルとPDFで公開されています。


●グーグル提供広告