« 平成26年度 東洋大学文学部伝統文化講座「古典の中の「琴」を聴く―「古事記」「源氏物語」「方丈記」「平家物語」―」(2014年12月13日(土)、白山キャンパス【申込不要・入場無料】) | メイン | あとがき12 卒論を断固出すための「断念」術: 小峯和明『今昔物語集の形成と構造』(笠間書院、1985年)(あとがき愛読党ブログ) »

2014年12月11日

 記事のカテゴリー : ホームページ紹介

●300年前に書かれた忠臣蔵の原型『播磨椙原』(自筆)の画像を公開します(大阪市立中央図書館)※山本卓氏が都の錦の自筆本としたもの

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

【赤穂浪士討入りの12月14日を目前に、この度公開しました『播磨椙原(はりますぎはら)』は、
宝永8(1711)年に、大坂生まれの浮世草子作者・都の錦(みやこのにしき)が赤穂浪士討ち入りを
講談風に描いた作品で、現在に伝わる忠臣蔵の原型といわれています。
 2011年、300年ぶりに大阪で発見され、関西大学文学部の山本卓教授によって、作者である
都の錦の自筆本であることが確認されました。この貴重な資料は、縁あって所蔵されていた方から
大阪市立中央図書館へ寄贈いただきました。】
つづきはこちらから。大阪市立中央図書館。

300年前に書かれた忠臣蔵の原型『播磨椙原』(自筆)の画像を公開します


●グーグル提供広告