« 300年前に書かれた忠臣蔵の原型『播磨椙原』(自筆)の画像を公開します(大阪市立中央図書館)※山本卓氏が都の錦の自筆本としたもの | メイン | 第262回大阪大学古代中世文学研究会(2014月12月23日(火・祝)、文学部本棟 中庭会議室) »

2014年12月11日

 記事のカテゴリー : ホームページ紹介

●あとがき12 卒論を断固出すための「断念」術: 小峯和明『今昔物語集の形成と構造』(笠間書院、1985年)(あとがき愛読党ブログ)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

【年末ですね。卒論シーズンですね。この時期、さる本のあとがきを思い出します。

論文は科学を装った詩であり、論文を書くとは断念することだ。
―小峯和明『今昔物語集の形成と構造』(笠間書院、1985年)

これは、著者小峯和明(立教大学名誉教授)が、学生時代教官から言われた言葉です。彼が生涯初めて一書を成し、あとがきを書く段になって、思い浮かべたことば。それがこの「断念」だった―。】
つづきはこちらから。あとがき愛読党ブログ。
http://atogaki.hatenablog.com/entry/2014/12/10/204211


●グーグル提供広告