« 第8回親鸞賞授賞式・記念シンポジウム「日本人の智恵―京都から世界へ―」(平成26年12月2日(火)、東本願寺東山浄苑(京都市)※要申込【一般聴講歓迎/参加無料】) | メイン | 国際連携研究「日本文学のフォルム」第2回国際シンポジウム「男たちの性愛―春本と春画と―」(2014年12月6日(土)、国文学研究資料館) »

2014年11月18日

 記事のカテゴリー : いただいた本・送られてきた本

●尾崎左永子『佐太郎秀歌私見』(KADOKAWA)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

尾崎左永子氏よりいただきました。

04-652879-7.jpg

●公式サイトはこちら
http://www.kadokawa.co.jp/product/321404000062/

大歌人・佐藤佐太郎に底流する〈純粋短歌〉の真髄を描き出す!
著者: 尾崎左永子

迢空賞歌人である著者が、師匠であり、いまだ絶大な人気を博する佐藤佐太郎の第1歌集『歩道』から第13歌集『黄月』までの作品を解説。佐太郎の提唱した〈純粋短歌〉の真髄に迫る。「星座」連載をまとめた1冊。

発売日:2014年10月23日
定価(税込): 2376円
四六判
ISBN 978-4-04-652879-7-C0092
角川学芸出版


●グーグル提供広告