« 市川市文学ミュージアム企画展「イメージとしての写真―言葉になった市川の風景」(平成26年10月11日(土)~11月30日(日)) | メイン | 中古文学会 関西部会第39回例会 シンポジウム「源氏物語 本文研究の可能性」【名和 修・岡嶌偉久子・加藤洋介・新美哲彦各氏】(平成26年11月15日(土)、佛教大学二条キャンパス) »

2014年10月23日

 記事のカテゴリー : いただいた本・送られてきた本

●『アナホリッシュ國文學 第7号 夏』(響文社)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

牧野十寸穂氏よりいただきました。

87799-901-8-7.jpg

--------------------
●お問い合わせはこちら(響文社)

株式会社  響文社
本社:札幌市豊平区美園11条4丁目2-20
TEL:(011)831-7146/FAX:(011)824-7366
info@kyobunsha.com
--------------------

定期購読者記念特典

1.世界的音楽写真家・木之下晃氏撮影「マリヤ・カラス」プロマイド進呈
2.定期購読者の方は、640円引きの5760円。1号分送料100円。
                    ※直接購読者のみ対象です。

●責任編集:牧野十寸穂 ●表紙版画:阿部典英
●表紙、目次デザイン:北森かん
●定価:1600円+税 
●発行日:2014年10月1日 第7号/夏
●ISBN978-4-87799-907-0 C0095 ¥1600E

【目次】

フォトエッセイ「日本の風景」5 西野鷹志

特集 日記の力

島尾敏雄「死の棘 日記」/小栗康平

熊楠ワールド 辛抱の神が宿る日記--南方熊楠の日記管見/田村義也

「越えれば越えるほど険し」い山のような人生/李美淑
--朝鮮時代両班家女性の日記、「閨恨録」-- 

詩の日めくり/田中宏輔
二〇一四年六月一日から三十一日までのすべての日付の日記
Sophie Mayer のDavid's First Drafts: Jonathanの翻訳を含む

方法論としての日録/阿部嘉昭
--岡井隆のメトニミー原理について

「秋山駿」と「石」と「ノート」の哲学/山崎行太郎
--「生」の日ばかり

歴史的時間としての日記--中野重治/林淑美

伊藤整『太平洋戦争日記』を読む/野坂幸弘
--不安の底の〈生命〉

舞師 エリーゼ・ヴィーゲルト
鴎外「独逸日記」の謎 林尚孝氏に聞く【インタビュー】/安宅夏夫

漱石美術への関心/仁平道明
--THE STUDIOの剝ぎ取られた絵

連 載
近代文学のトポス[5]/末延芳晴
--「トポス=場」を通して表出された漱石・荷風文学の心的世界

コラム「末期の眼」/神谷忠孝

学界時評 全時代
上代 高松寿夫 
中古 小嶋菜温子 
中世 佐倉由泰
近世 大高洋司
近代 川口隆行
国語 小野正弘 
 
第8号 予告


●グーグル提供広告