万葉七曜会編『論集上代文学 第三十六冊』(笠間書院)

11月上旬の刊行予定です。
00226_k.jpg
万葉七曜会編
『論集上代文学 第三十六冊』
ISBN978-4-305-00226-6 C3391
定価:本体13,500円(税別)
A5判・上製・函入・284頁
上代文学研究の最新成果を世に問う、年1冊刊行のシリーズ第36弾。
[執筆]遠藤宏/稲岡耕二/山中宏樹/山口佳紀/山崎健司/松本直樹/金井清一/林勉。
平成24年刊行の上代文学関係の単行本・雑誌論文を網羅した文献目録付き。
万葉七曜会会員逝去追悼文として、岡本準水氏追悼●林勉、鈴木日出男氏を悼む●白藤禮幸、を収録。
———–
■ご予約・ご注文は版元ドットコムで
http://www.hanmoto.com/bd/isbn978-4-305-00226-6.html
または、直接小社まで、メールで info@kasamashoin.co.jp ご連絡いただいても構いません。またはこちらのフォームで、購入希望としてご連絡ください(書名・冊数・お名前・ご住所・電話番号を明記してください)。
http://kasamashoin.jp/mailform.html
———–
【目次】
万葉集の「孤語」(一)―予備的な調査―●遠藤宏
人麻呂歌集と初期万葉歌●稲岡耕二
相聞「田部忌寸櫟子任大宰時歌四首」並びに挽歌「天皇大殯之時歌二首」考(承前)●山中宏樹
「霹靂之日香天之」の歌の訓釈―『万葉集』三二二三番歌について―●山口佳紀
大伴家持における体言止めの歌●山崎健司
モノを祭る王の〈神話〉作り―〈古事記神話〉の構想―●松本直樹
古事記の「高千穂」「笠沙」「韓国」をめぐって、その想定空間の検討●金井清一
兼右本敏達紀訓点の敬語表現―体言(上)―●林勉
上代文学研究年報二○一二年(平成二十四年)単行本等・雑誌論文等●万葉七曜会編
万葉七曜会会員逝去追悼文
岡本準水氏追悼●林勉
鈴木日出男氏を悼む●白藤禮幸
執筆者紹介