小林康夫先生退官記念インタビュー(前編)(後編)(東京大学新聞Online)

【人文科学は、自然科学やテクノロジーがもたらすものに対して、従来の人間観のままで、それが倫理的に良い悪いと言っているだけではダメなんだ。「人間とは何で、どうあるべきか」ということについて、今までとは全く違うタイプの問いに答える義務が、人文科学にはある。
小林康夫先生は声を高めてこう語る。】
つづきはこちらから。東京大学新聞Online。
○小林康夫先生退官記念インタビュー(前編)
http://www.utnp.org/special/Kobayasi20141014.html
○小林康夫先生退官記念インタビュー(後編)
http://www.utnp.org/special/Kobayasi20141016.html