« 第38回 国際日本文学研究集会(平成26年11月29日(土)・30日(日)、国文学研究資料館) | メイン | 展示図録『特別展 よみがえる身体性の記憶--「檸檬」草稿(瀬山の話)など--』 »

2014年10月21日

 記事のカテゴリー : いただいた本・送られてきた本

●古代中世文学論考刊行会 編『古代中世文学論考 第30集』(新典社)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

野上潤一氏よりいただきました。

7879-3530-4.jpg

●公式サイトはこちら
Amazonで買う

古代中世文学論考30集
古代中世文学論考刊行会 編

A5判・上製カバー・280ページ
978-4-7879-3530-4
定価 6100円+税

●執筆者
池原 陽斉 (いけはら あきよし) 東洋大学非常勤講師
土佐 朋子 (とさ ともこ) 東京医科歯科大学准教授
松本 美耶 (まつもと みや) 聖心女子大学大学院博士後期課程
岡田 貴憲 (おかだ たかのり) 日本学術振興会特別研究員
戸田 瞳 (とだ ひとみ) 北海道大学大学院文学研究科専門研究員
蔡 雅如 (サイ ガジョ) フェリス女学院大学大学院博士後期課程
野上 潤一 (のがみ じゅんいち) 日本学術振興会特別研究員

●目次
『萬葉集』伝来史上における『赤人集』の位置(池原陽斉)
『本朝編年録』『本朝通鑑』と『懐風藻』(土佐朋子)
『源氏物語』の「致仕」をめぐって(松本美耶)
天理図書館蔵『うつほ物語』(外題・内題『和泉式部日記』)解題・翻刻(岡田貴憲・戸田瞳)
『六百番歌合』における「乞巧奠」題(蔡雅如)
清原宣賢『日本書紀抄』享受について――宣賢の学問史的位置づけと中世後期・近世初期学問史の一隅をめぐって――(野上潤一)


●グーグル提供広告