敢えて読書史と読者史に思うことの断片いくつか(みちくさのみち)

ブログ・みちくさのみちで、小社刊の、和田敦彦『読書の歴史を問う―書物と読者の近代』読書メモとして、「敢えて読書史と読者史に思うことの断片いくつか」と題する記事がアップされています。多くの方に読んでいただきたかったので、ご紹介いたします。ぜひご一読ください。
●敢えて読書史と読者史に思うことの断片いくつか(みちくさのみち)
http://d.hatena.ne.jp/negadaikon/20140927/1411797659