« 京都市、公益財団法人京都市埋蔵文化財研究所・三館合同企画展「平安京の文字-掘り出された歴史-」の開催(平成26年9月23日(火曜日・祝日)から平成26年11月15日(土曜日)まで) | メイン | 研究会「近代日本の日記文化と自己表象」第1回開催(2014年9月20日(土)、国文学研究資料館 第1会議室) »

2014年9月 1日

 記事のカテゴリー : 新刊案内

●東アジアと同時代日本語文学フォーラム×高麗大学校日本研究センター編『跨境(こきょう) 日本語文学研究 創刊号』特集:東アジアにおける日本語雑誌の流通と植民地文学(笠間書院・発売)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

9月上旬刊行予定です。

40301_k.jpg

東アジアと同時代日本語文学フォーラム×高麗大学校日本研究センター編
『跨境(こきょう) 日本語文学研究 特集:東アジアにおける日本語雑誌の流通と植民地文学』創刊号
Border Crossings : The Journal of Japanese - Language Literature Studies Vol.1 
ISBN978-4-305-40301-8 C0095
定価:本体2,000円(税別)
B5判・並製・296頁

「東アジアと同時代日本語文学フォーラム」という日本語文学についての研究者の集団が母体となり、高麗大学校日本研究センターと刊行する学術雑誌『跨境(こきょう) 日本語文学研究』を委託販売いたします。

『跨境(こきょう) 日本語文学研究』のfacebookページはこちら
本誌への投稿案内もこのサイトで行われる予定です。
https://www.facebook.com/journal.border.crossings

「東アジアと同時代日本語文学フォーラム」は、2013年に設立されたもので、韓国、中国、台湾、日本の各地域の近代日本語文学の研究者が参加しています。本書は、同フォーラムのメンバーを中核としながら、編集担当者の参加地域と参加者数を拡大して刊行します。
編集委員、査読委員は、各地域におけるこの分野の第一線の研究者に協力を仰ぎ、たんに多様な地域をカバーする国際誌であるというだけではなく、質的にもトップクラスの論考が集まる、真の意味での国際誌となることを目指すべく創刊されました。

創刊の辞
https://www.facebook.com/journal.border.crossings/posts/484339741703657

『跨境(こきょう) 日本語文学研究』編集委員・査読委員リスト

雑誌のタイトルとなった『跨境(こきょう)』は境界をまたぐという意味です。たんに越すということではなく、跨いでつなぐ。それぞれの局地性や立場を無視することなく、そこに一方の足場を置きながら、さまざまな〈境〉の向こうに他方の足を伸ばすことを目指しています。
【跨ぐことは、時に越えることよりも難しいかもしれない。だがいまこそ、その試みが必要だ。分断を一気に解消する方策など、ありはしない。すべての多様な人々を包括するような場も、できようはずがない。しかしそれでもなお粘り強く、境を跨ぎ、つなぎ続けることが重要だと私たちは信じる。『跨境/日本語文学研究』が、異なる立場、異なる考えをもつ者たちの、邂逅と対話の場となることを願っている。】...創刊の辞より

創刊号は「東アジアにおける日本語雑誌の流通と植民地文学」を特集します。

----------
[本書の販売方法]

全国の書店でご注文頂けます。
また、以下のサイトで予約・購入可能です。
版元ドットコム●『跨境(こきょう) 日本語文学研究 創刊号』

http://www.hanmoto.com/bd/isbn978-4-305-40301-8.html
または、直接小社まで、メールで info@kasamashoin.co.jp ご連絡いただいても構いません。またはこちらのフォームで、購入希望としてご連絡ください(書名・冊数・お名前・ご住所・電話番号を明記してください)。
http://kasamashoin.jp/mailform.html

----------

【目次】

創刊の辞●『跨境/日本語文学研究』編集委員会

□エッセイ―跨境の言葉
移動文学/比較文学者にとって「移動」とは何か●西成彦
「境界」を跨いで〈東アジア〉作りへ●朴裕河
[跨境人]夢と性愛●田原

□特集:東アジアにおける日本語雑誌の流通と植民地文学
異郷への仮託―朝鮮俳句と郷土色の力学●中根隆行
芥川龍之介の自殺と植民地朝鮮の文学―『京城日報』の芥川記事と朝鮮のモダニスト作家を中心に●金孝順
中国東北部における日拠時期の日本語雑誌の言説空間─文学創作を中心として●劉春英
雑誌『芸文』の成立と変遷について─「文化綜合雑誌」から「純芸文綜合雑誌」へ●単援朝
翻訳と「満洲文学」―雑誌『満洲浪曼』における大内隆雄の立場●王志松
『満洲浪曼』における「白日の書」への一考察●林濤
「満洲」童話作家・石森延男の登場─満鉄社員会機関誌『協和』における創作活動を手がかりにして●魏晨
戦争末期の『北窗』―「掌篇献納小説」を中心に●祝然
雑誌『台湾青年』―重層的なネットワークからの成り立ち●横路啓子
在台2世の描く「台湾」と「台湾人」─新垣宏一「城門」を中心に●和泉司

□一般論文
日本の「台湾植民事始」と明治「敗者」史観―北白川宮の表象をめぐって●呉佩珍
朝鮮半島における日本語書店の展開―戦前外地の書物流通(1)●日比嘉高
崔承喜とジョセフィン・ベイカーをめぐる表象―東アジアにおける「モダン」の文化翻訳 1935−1936●波潟剛
陳冷血による翻訳小説の底本に関する考察●国蕊
京城帝国大学の学生文芸と在朝日本人文学●尹大石

□研究資料

『朝鮮評論』『朝鮮(満韓)之実業』(1904-1914)とその文芸欄●鄭炳浩
『台湾総督府統計書』と現住戸数職業別統計●横路啓子
朝鮮半島における植民地日本語文学の本流―朝鮮で刊行された日本伝統詩歌資料をめぐって●嚴仁卿
植民地朝鮮の日本語探偵小説●兪在眞

□フォーラム参加記
国民国家という境界を越えた文学(者)と歴史(家)の交流―「東アジアと同時代日本文学フォーラム」第一回大会への参加記●黃東淵

『跨境/日本語文学研究』編集委員会規定
『跨境/日本語文学研究』査読規定
『跨境/日本語文学研究』論文投稿規定
『跨境/日本語文学研究』原稿作成要領
『跨境/日本語文学研究』原稿作成例示
『跨境/日本語文学研究』編集委員及び査読委員の名簿


●グーグル提供広告