« 日本語教育史研究会・2014年度研究発表会(2014年9月20日(土)、慶應義塾大学三田キャンパス西校舎523-A教室) | メイン | 京都大学国語学国文研究室編『國語國文』の刊行を臨川書店が継承 »

2014年9月 2日

 記事のカテゴリー : ホームページ紹介

●国立国会図書館のLinked Open Dataを紹介するページを公開しました(国立国会図書館)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

【リンクト・オープン・データ(Linked Open Data: LOD)とは、ウェブの技術を利用して、データを様々なシステムやアプリケーションが活用しやすい形式で公開・共有する仕組みです。LOD形式で公開されている本の書誌・所蔵データや典拠データを、他の種類のデータと組み合わせることでアプリの開発などに活用できる可能性もあります。】
詳細は公式サイトで。

http://www.ndl.go.jp/jp/news/fy2014/1206984_1829.html


●グーグル提供広告