小川和祐氏(文芸評論家)逝去[通夜2014年9月23日17:00から、告別式24日10:30から、宇都宮市・栃の葉戸祭ホール]

小川和祐氏(文芸評論家)が逝去されました。
小川和祐(おがわ・かずすけ)1930年生まれ。
昭和女子大学助教授、明治大学講師を歴任。
著書に『立原道造・愛の手紙』毎日新聞社、『美しい村を求めて 新・軽井沢文学散歩』読売新聞社、『伊東静雄 孤高の抒情詩人』講談社現代新書、『桜の文学史』朝日文庫のち文春新書、『桜と日本人』新潮選書、『「三四郎」の東京学』日本放送出版協会 、『桜と日本文化 清明美から散華の花へ』アーツアンドクラフツ、『戦後文学の回想 小説家・詩人・評論家交遊録』竹林館、他多数。 
お通夜は、2014年9月23日17:00より。
告別式は、2014年9月24日10:30より。
喪主は奥様の、小川節子さんです。
○場所
栃の葉戸祭ホール
住所:栃木県宇都宮市八幡台1-28
TEL028-650-5166/FAX028-627-6699
地図 http://sougi.bestnet.ne.jp/tochinohato-utsunomiya/map.html
[交通案内]
・JR宇都宮駅西口より タクシー15分
・東武宇都宮線 東武宇都宮駅より タクシー10分
・東北自動車道 宇都宮ICより 25分
・鹿沼ICより30分
駐車場 350台
小川和祐氏には、小社は『リトル・マガジン発掘 文学史の水平線』などでお世話になりました。深く御礼申し上げる次第です。ご冥福をお祈りいたします。