« 『季刊 悠久』135号(おうふう発売) | メイン | 『日本文学』(2014年8月号)に、古田正幸『平安物語における侍女の研究』の書評が掲載されました »

2014年8月12日

 記事のカテゴリー : いただいた本・送られてきた本

●大妻女子大学文学部 草稿・テキスト研究所「研究所年報」第7号

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

大妻女子大学文学部 草稿・テキスト研究所さまよりいただきました。

otsuma_kenkyu07.jpg

●公式サイトはこちら
http://www.lit.otsuma.ac.jp/mstxt/laboratory5.html

「研究所年報」第7号
2014年3月 A5判・82ページ

【目次】
1.2013年度研究集会記録(平成25年12月7日実施)
 「移民」とテキスト
講演テーマ
 「日本文学の場としての戦前ブラジル」(エドワード・マック氏)
2.所蔵資料紹介
3.草稿・テキスト研究所蔵古典籍略解題
4.研究調査報告
5.平成25年度 研究所の動向
6.平成25年度決算ならびに平成26年度予算案
編集後記


●グーグル提供広告